忍術解説

基本姿勢

1 忍者は、己の武術を他者に対して決して披露してはならない。なぜなら、相手に自分の技の力量を見定められるから。
2 忍者は、いかなる相手からのいかなる挑戦にも応じてはならない。
3 忍者は、日頃から、己の武芸の鍛錬を怠ってはならい。常に精進、工夫を継続すること。不放逸であること。
4 忍者は、常日頃から己の身体の状態、あるいは精神の状態を平静に、かつ最良に保つべし。

戻る