山頂で会いましょう

トップへ戻る 登山の記録へ戻る

雷電山(青梅丘陵)・要害山・麻生山(金毘羅尾根)(東京都)


写真なしシリーズが続きますが、ご了承を。東京の青梅あるいは五日市周辺の低山。丘陵地帯の山、ハイキングコースを三つまとめて記します。
雷電山。青梅丘陵のハイキングコース上の山です。
JR青梅駅の北側に周って永山公園の横から道が始まります。最初は車道。その後登山道に。辛垣城跡を越えて藪の中を進むと雷電山の頂へ。下れば車道に出ます。それを下ると青梅線の軍畑駅に出ます。
要害山。これも青梅近郊のハイキングコースです。
JR青梅線宮ノ平駅下車。多摩川を渡って雷電山とは反対側の尾根に向かいます。住宅地の先から登山道へ。愛宕山の分岐を左に曲がって要害山。その先に展望のいいところ(天狗岩)がありました。青梅の街をこえて都心方向が眺められます。その先で道は下り、青梅駅へ戻る。
麻生山。五日市の北側のハイキングコースです。
JR五日市駅からバスに乗り、白岩滝で下車。登山道に入ります。林道を進むと白岩ノ滝です。そこから山道。川沿いに急坂を登る。前二つとは異なり、それなりの山道です。尾根に出て左に進み(右へ行けば日の出山)最後の峰を登ると麻生山です。眺めよし。反対側の急坂を下って金比羅尾根を南に向かいます。金比羅山に到着。近くに金比羅公園があり展望台から五日市の街が眺められます。琴平神社の横を過ぎ、住宅地へ下ると、やがて五日市の駅です。

メール