TSUKUSHI AOYAMAのホームページ

トップへ戻る インデックス
← 前へ 次へ →

人間としての生き方


人間の生き方

 人間とは何か?自分とは何か?もしわれわれ人間が、単なる動物としてではなく、自意識を持った、主体的に世界に働きかけることが出来る存在なら、その本質は自分の意識にあるといえましょう。すなわち自分は今現在しか存在しない。過去の自分も、未来の自分も存在しているものではありません。
それを踏まえて自分はどう生きたらいいのか?

 世の中の大部分の人は大変な誤解をしていると思います。その点を間違えているから、大半の人間は生き方が分からない。自分はどう生きたらいいのか、答えが見つからないまま生きている。あるいは世間にだまされて、間違った人生観を信じ込んだまま、人間としての生き方を知らずに一生を終える。
果たして、人間はどう生きたらいいのか?

 あなたは誤解しているかもしれません。仮にもしあなたが80歳まで生きたとしたら、この与えられた80年間の人生をどう生きるか(80年間で何をするのか)があなたの課題でしょうか?
いいえ、与えられた時間は今この瞬間のみです。この瞬間に何をするのかだけが、あなたにとっての課題です。
理由はこうです。
・人生の長さなど関係なし
人間は誰しも80年間生きられるわけではありません。8分間の人生だってあるでしょう。寿命はあらかじめ決まってはいません。80年の人生と8分間の人生では、その内容(経験、量的なもの)は当然違うでしょう。80年の時間があれば、たくさんの事ができるでしょう。8分間ではほとんど何もできません。
人間は本質的には皆平等です。(補足1) 経験、あるいは実績によってその存在価値が決まるのではありません。しかし今のこの瞬間しか存在者としての意味をなさないのなら、80年も8分も変わりはありません。
・この先いつまで生きられるか?それは誰にもわからない
もしあなたが今40歳になったばかりで、残りの人生をどう生きたらいいのか考えをめぐらせていたとしても、あと何年生きられるかなんて分からないでしょう。明日死ぬかもしれないのです。80歳はただの平均寿命です。そこまで生きられる保障はない。(それ以上生きるかもしれない)
・死ねば今までの人生で積み上げてきたものはすべて無になる
あなたがまだ生きているうちは、社会や他人に影響を与えることが出来るでしょうが、人間はいずれ死ぬのです。死ねばそこに実体はなく、人々の記憶、すなわち影だけが残るのです。あなたの死後、あなたが成しえたことは、風化する運命にあります。もしあなたの仕事が評価されて、それに対して国から叙勲されたとしましょう。しかしあなたが死ねば、その業績は曖昧になる。即ちあなた一人の成果ではないことが明らかになる。あなたを支えた同僚、仲間、友人、家族も当然それに貢献しているはずです。(存在同士は縁起によって互いに関係し合っているため) するとあなた個人の価値が相対的に下がります。もちろん事実は記録として永遠に残りますが。ただし、あなたの影は時と共に消えていくのです。なぜならこの世は「空」だから。

今この瞬間がすべて
 あなたが存在しているのは、今この瞬間だけです。今この瞬間に何をなすべきかがあなたにとっての唯一の課題です。たとえ次の瞬間死んだとしても、今現在はこの世界で生きているのなら、今まさに何をすべきなのか?動物として何がしたいかではなく、人間として何をしなければならないのか?生きている限り自分自身に問い続けるのです。(補足2)
この世界は自分だけの世界ではありません。あなたの隣に愛すべき隣人がいるのです。その隣人に対して、今何をすべきなのか?あなたの生きている課題はそれだけです。

自由と不自由
 人間は誰でも、どのように生きるかはまっくたの自由です。この世界は「空」です。従って自分は完全に自由なのです。世界に何も規範がないゆえに、自分にとって何が幸福なのかを決めるのも自由。どう行動しようとも、世界にどう働きかけようとも自由です。世界に意味や目的がないなら、あなたの生き方は誰から命令されることもなく、完全に自由だと言えましょう。
しかし実際この世界はあなたの自由にはなりません。あなたは自由に世界に働きかけても、それにどう応えるかは世界の問題(権利)です。それでも無理やり世界を従わせようという試みは、ことごとく失敗に終わるでしょう。しかしそれでもあなは世界を無視することは出来ません。あなたが世界にどう応えさせたいか?そのためにはどのように世界に働きかければいいのか?そのためには、世界の性質、自然法則を知ること。そのための手段が科学です。
それでも世界はあなたの思い通りにはならないかもしれません。いいではありませんか。そもそも世界を従わせたいというのには、自分の醜い執着心ですから。

あなたにとっての幸福とは
 人間にとって幸福とは、世界を思い通りに支配することではありません。世界はあなたの思い通りにはなりません。いくら科学を駆使しても、思い通りに行くとは限りません。仮に世界に適切な働きかけを行って、それで自分の望むように世界が反応したとしても、それがあなたの幸福でしょうか?
違いますよね。あなたは何もしなくても世界が自分の願ったようになってくれる。そうあってくれることを望んでいるはずです。
例えば恋人にお金を支払って無理やり「好きだ」と言わせたいのではないはず。お金を払わなくても、見せ掛けではなく、真に相手が心から自分を好いてくれることを願っているはずです。
そのためにはただ祈るしかない。あなたの祈りが通じるかどうかは分かりません。しかしあなたは信じるのです。必ずこの祈りが届くのだと。あなたにとって真の幸福とは、思いがけない喜びです。即ち神による絶望からの救い。それは祈りによって叶えられるのです。

隣人に何をなすべきか
 自分が他人にできることはただ一つ、慈悲を施すことだけです。その際用いるのが科学です。科学こそはは隣人のため。世界への働きかけも慈悲のためなのです。たとえその動機が己の執着心だったとしても、その執着心を無償の愛に変えて、相手のために命を捧げるのです。それでも相手が満足するかは分かりません。しかしあなたは、たとえ相手が気づかなかったとしても、それでも慈悲を施すのです。それが人間としての生き方です。

結論 人間の生き方
 仏教の教えを参考にすると、まずこの世界は苦しみに満ちています。一人の例外もなくこの世に生まれてきた者は苦しむのです。苦の原因は、外界(自分の周りの世界)に執着すること。執着とは、世界がこうあって欲しいと願うこと。それが分からないから苦しむのです。では、世界の真の姿を知りましょう。これをこの世の真理と呼びます。
釈迦が説いたこの世の真理は、「無常」、「無我」、「縁起」などです。一言で言えば、世界は”空”ということです。空とは、この世界のあらゆる存在において実体がない。ということ。つまり、確定された、あるいは固定され存在ではない。それは時間的には絶えず変化していて定まることがない。空間的にも境界線がない(常に隣と関わっている)から、固定化されたものなどない。ということです。この実体のない存在の集まりである世界そのものにも実体はありません。実体がないなら、この世界には固定的な存在も絶対的な存在もいない。ということは、世界には目的も方向性もない。ただあるがまま存在し、なるようになっている。理由もなく、何のために存在しているのかという答えがないまま存在しているのがこの「世界」の真実です。
しかし世界が存在している意味などないなら、自分自身は何者にも制約されず完全に自由であると言えます。あなたは何をしてもいいのです。どう世界に働きかけることも可能です。ただし、世界はあなたの行為に対して、あなたの願い通りに応えてくれるとは限りません。あなたは世界の返答に満足しないでしょう。それがあなたの不快の源です。そこで世界がうまく反応するように用いるのが科学です。世界の仕組み、自然の法則を知れば、原因と結果の関係から、あなたにとって好ましいあなたが行うべき手段が見つかるのです。しかしそれでもあなたの行為は裏切られるかもしれませんが、その原因はあなたが完璧ではないからです。
さて世界に目的や存在する意味がないなら、あなたは世界に従う必要はない。あなたはあなたで自由に生きる目的を設定すればいいのです。何のために今生きるのか?その答えはあなたが決めるのです?「生きているから生きている。」それは人間の答えではありません。自由だからといって、目的を設定しないままでは人間とは言えません。それは動物の生き方です。人間である限りそれは許されないのです。あなたが人間であるならば、主体性を持って、あるいは責任を持って、何のために自分は生きるのか、その答えをあなた自身で見出すのです。
あなたは何をするのも自由です。しかし食べたい、飲みたい、あるいはお金が欲しい、有名になりたいなどの欲を満たすだけでは、それは単なる動物としての生存本能に使役された欲望の奴隷です。それは人間の行為ではありません。
この世界で生きるということは、たった一つのことしかできないのです。それは隣人と関わることです。どのように隣人と関わるか?それだけがこの世界で生きているあなたの課題です。隣人を思いのまま支配したいのですか?しかし、それは不可能なことです。なぜなら隣人はあなたではない、すなわち他人だからです。その不可能な事を実現したいという欲から苦しみが生じるのです。
残るは唯一これだけ。あなたにできることはたった一つ。それは隣人に慈悲を施すこと。これは欲望を満たすことではありません。隣人に慈悲を施すことが、あなたにとっての唯一の生きる目的であり、それがあなたにとっての幸福です。

(補足1) 人間の個性としての差異や違い(年齢、性別、人種、学歴、性格、収入、職業、知性、才能等)は、他人を区別するための”方便”であり、本質は差など存在しない。そもそも善人も悪人もないのです。なぜなら世界は”一つ”だからです。

(補足2) 犬や猫は食べたいから食べる。その欲望を満たそうとしなければ死んでしまいます。それはただ自然にそういった欲望が起きて、それによって生き延びているだけです。つまり動物たちは、その本能的な欲望に使役されているのです。いわば煩悩の奴隷です。しかし食べても死にます。食べて生き続けることに意味などないのです。
人間の場合は違います。やりたいからやるのではなく、やるべきことやるのです。むろん何者かがそう命令したからやるのではありません。予めやるべきことが定められているわけではありません。そうしたいからそうするという点は同じです。ただし、動物と違い本能的な生存欲を超えて、あるいは煩悩の支配を脱して、あくまで主体的に、能動的に行動する。もし、なぜそうしたいのか?と問われれば、明確に答えにられる。それが人間です。

ご意見・ご質問