TSUKUSHI AOYAMAのホームページ

トップへ戻る インデックス
← 前へ 次へ →

命ある限り、希望はある


最後に

 人生は苦しみに満ちています。そしてこの社会は矛盾、理不尽、不条理です。喜びや楽しみは見せかけのもの。なぜこんな世界に生まれてきたのか?好きで生まれてきたわけじゃない。誰が悪い。親が悪い。神が悪い。神こそ憎め。神こそ呪え。しかし神など初めから存在しません。世界は無意味です。成るようになるしかないのです。

 では、我々に救いはないのか?人は誰でもいつか死にます。もし死が”無”であるなら、救いはあります。存在しないということは、苦しみもないということです。しかし本当に死は”無”でしょうか?誰にも分かりません。死んだ経験をした人はこの世にいません。だから信じるのです。信じることは自由です。死は完全なる無なのだと。確かめることはできなくても、信じることはできます。

 人は誰でもいつ死ぬのかわかりません。今日かもしれない。100年後かもしれない。しかしいつか必ず死にます。明日死んでもいい。今日死んでもいい。死が無なら、死を恐れる必要はありません。次の瞬間死んでも構わない。そう思いながら生きる。人生の間にやらなければならないことなど、何一つありません。人生は無意味です。

 今もし生きているなら、何のために生きるのか?その答えは万人共通です。即ち幸せになるために生きるのです。幸せは人それぞれ違います。何を幸せとしたとしても、それはあなたの自由です。人間はどう生きようとも完全に自由なのです。

 青山個人としては、今死んでも構わないと思っています。常に覚悟はできています。死をまったく恐れてはいません。この青山も老後を考える世代に近づいています。個人的な話ですが、青山にはそれなりの資産もあり、特に老後を心配する必要もない。それに子供の頃から貧乏を経験している精か、驚くほど少ない生活費でも生きていける自信があります。その生き方、他の人には真似できないでしょう?青山は貧乏を苦にしません。しかし、自分の人生、この先に何があるかは、神様じゃないからこの青山にも分かりません。思わぬ事態に見舞われる可能性もあります。
もっぱら恐れるのは、死なずに生きていることです。年を取り、病に侵され、生きる糧を失い、孤独に陥る。それでも生きているうちは、まだ生きていかなければならないのです。この不安、この苦しみ、この孤独、そしてこの虚しさ、それに襲われながらも、人間は生きていくことしか許されない。床に伏せ、手足も動かせず、余命わずかと言われてもなお生きることを強いられる。それは辛いことです。この青山にもいつの日かそんな時が訪れるでしょう。最後の最後に。しかし今生きているなら、例え余命数時間と言われても、命ある限り希望がある。と。
希望とは、老いて病に伏せっていても、いつか立ち上がれるときが来るという期待です。その可能性はゼロではない。必ず病気は治る。いや、治してみせる。生きている限り、あきらめない。あきらめる必要はない。無限の未来がある。そしてもし立ち上がることができたなら、その時は何のために生きるのかを改めて問われる。青山なら出来る限り人のために尽くそうと、愛する隣人のために生きようと、この命を捧げようと思います。生きているからこそそれができるのです。
人生この先、どんな困難が待ち受けていようとも、どんな試練に出くわそうとも、それはそれでいい経験をしたものと思い、あるいは人よりも得をえたなと、そう思いつつ生きる。生きている限りゴールはない。いずれ「死」というゴールに達しますが、その時まで生きる。生き抜く。できるだけ寿命を延ばすことが目的ではない。とにかく人間は誰しも生きている限り、生きること、即ち幸せになること以外は何もできないのだから。
もしあなたが病気や事故により突然身体に障害を持ったとしましよう。あるいは一瞬の不運に見舞われ財産を失ったとしたら。あなたは何で自分がこんな不幸に見舞われなければならないのかと絶望に襲われるかもしれない。周りの人々は、あなたを勇気づけるためか(それともあなたの不満を聞くのが単に嫌だから)、世の中にはもっと不幸な人もいる。君よりも重い障害を持って頑張って生きている人もいる。もっともっと貧乏な人もいる。と励ます?かもしれない。むろんあなたにとっては、このように「もっと重い障害を持っている人もいる」なんて話を健常者からいくら聞かされても何の慰めにもならないと思います。なぜならそういう障害という経験をしたことがない人間は、誰であろうと所詮あなたの絶望など理解しようもないからです。
しかしその時あなたはこう思ってください。恐らく自分以上の不幸な人間はいないだろう。自分よりも貧しい人間はいない。自分以上に重い障害を持って生きている人はいないのだと。否もしかしたら、あなた以上に重い障害を持つ人も世の中にはいるかもしれない。その人と比べれば確かにあなたは軽い方です。その重い障碍者(例えばイギリスの科学者ホーキングとか)から、「お前は甘い!」と言われれば、素直に「その通りです」と答えるしかないでしょう。しかしもし健常者からまるでひとごとのようにそう言われたのなら、無視すればいい。ならせなら健常者にはそのあなたの苦しみが解らないと思うから。
この「自分以上の障害を経験した人間はこの世界にはいない」という思いが、あなたに力を与えるのです。なぜならそんな経験をした人間はあなたしかいないのだし、その貴重な経験をしたあなたは誰に対しても堂々と物が言える。もちろんあなた以上の障害を持った人に対しては言えないが、仮に健常者が相手なら、あなたは誰に対しても(身分や地位には関係なく)、偉そうなことが言えるはずです。つまりあなたは誰も味わったことがない重い障害を今まさに経験しているという”幸運”を手にしているのです。それを糧にあなたは力を得ることができます。その力を慈悲に生かす。あなたの使命がそこに見出されるのです。もしここで「世間には自よりもっと重い障害を持っている人もいるんだ。自分はまだ増しな方。」などと思ったならば、それによってあなたの力は弱められる。何事をも恐れないという気概を失うのです。あなたは世界を変えるのです。だったら何者にも負けない自信を持つしかないのです。
この自負と力は釈迦も活用しました。彼が6年間の苦行を終えて、「恐らく自分よりも激しい苦行をした者は存在しない」という自負を抱く。しかし実際は彼よりも厳しい苦行を行った者はいたことでしょう。釈迦の苦行は実際のところ”序の口”かもしれない。しかし、そういう自負によって、何者をも揺るがせない強力な力を得て、その力を背景に大いなる悟りに達することができた。そしてそれが世界を変えていく動因となったのです。また障害も行動力になります。障害、ハンディーを強さに変えて行動した人物としては、あのホーキングがいます。彼が述べた、「神は存在しない」、あるいは「死後の世界はない」は、そんじょそこらのインチキ宗教家よりも説得力があるでしょう。逆に、自分よりも貧しい人もいる。自分よりも重い病気の人もいる。と考えると強い気持ちを持つことができなくなります。是非あなたはその逆境を力に変えて、それを自分よりも弱い、貧しい、不幸な人のために活かしてください。
そう言った不運も力を持つ好機として活かすことです。そして不幸(障害、あるいは貧困等)に見舞われたあなたを救ってくれる。あるいはサポートしてくれる優しい友人も現れるでしょう。その人たちの親切心に心から感謝しつつも、それを自分の為す事業、世界変革に活かすのです。それが相手に対する御恩返しです。相手は即ち、あなたに世界を変えてほしいがために、あなたに慈悲を掛けたのです。そう思って、思い切り為すべきことをなそうではありませんか。すべては慈悲のために。
青山個人としては、大好きな山に登れないほどの難病に今襲われたとしても、未来に期待を持つ。例え年老いて身体が動かなくなったとしても、希望を捨てず、いつかまた山に登れる。それを励みに生きていく。そして慈悲のために、人々から喜ばれる人生を送れるように、希望を持って生きていきます。
とにかくどうせ生きるなら快活に、好きなことをやって、楽しく生きる。何も恐れることはない。世界のどんな勢力の陰謀も全く恐れるに値しない。殺されても構わない。人間はいずれ死ぬのだから。そして不幸によって得た力を、隣人に対する慈悲に活かす。
それがこの青山の幸せです。

ご意見・ご質問