TSUKUSHI AOYAMAのホームページ

トップへ戻る インデックス
← 前へ 次へ →

地球と宇宙


 地球について

 学校の先生が言ってました「我々が立っている大地は丸い球体だ、これを地球と言う。太陽や星が動いているのではなくこの地球が回転している」あなたはそれを信じますか?大地が丸いなんて信じられますか?丸かったら横にいる人たちは、滑り落ちてしまわないでしょうか?大地が動いているなんて信じられません。だって山も川も家々もみな一緒に動いているなんて。
それが普通の考え方です。あなたは大地が丸いことを確かめたんですか?大地が動いているなんてことが、どうして解ったんですか?先生だって常に正しいとは限りません。
この青山も、「証拠を出せ」といわれたら困ります。「そう学校で教わりました」では回答になっていません。それが嘘じゃないと断言できませんから。
科学をする者の基本姿勢は、人の言ったことをただ鵜呑みにしない。それが親であろうと先生であろうと。自分自身で確かめることが大事です。
ただ青山も子供の頃はわかりませんでした。でも大人になって初めて海外に出かけたとき、おかしなことに気づいたのです。時計の針が昼の12時なのに、空が真っ暗、夜なんです。そんなことがあっていいでしょうか?その場所は、アメリカのロサンゼルスでした。
たまたま日常生活を離れて、今まで住んでいた町の外に初めて出てみた。そして遠方に出かけた。そのとき、これまで当たり前だと思っていた自分の常識に疑いをもった。今まで気づかなかったことに気づいた。新しいことを発見した。
このように昔の人たちは次第に世界の真の姿を知るようになったのです。
この大地は地球という球体である。そして地球は自転しており、太陽や星が回転しているように見えるが、動いているのは地球の方。そして地球は、火星や木星などの惑星とともに太陽の周りを回っている。夜空の星々は光の速さで行っても何年もかかるほどとても遠方に存在する。そして太陽が何千億も集まって銀河系というものを作っている。その銀河系も宇宙には無数に存在する。つまり我々の生きている世界がどれだけ広大かがわかったのです。今から1000年前に生きていた人には想像もできないでしょうね。釈迦やキリストだって、宇宙の広大さは知らなかったはずです。我々は彼らよりずっと賢いのかも知れません?
それはともかく、あなたに知ってほしいことがあります。それはこの宇宙がどれほど広大なのかです。ぜひ、自分自身で(インターネットを使って)調べてみてください。その広大さは、時間的にも空間的にも、我々の常識を超えています。まさに永遠といっていいくらい。宇宙を一言でいえば、それは「我々が知りえるもののすべて」です。

ご意見・ご質問