TSUKUSHI AOYAMAのホームページ

トップへ戻る インデックス
← 前へ 次へ →

老化と死


 人間を含めて生物はなぜ死ぬのでしょう?死なない方法はあるのでしょうか?そんなことは不可能。あまりに当たり前すぎて、拍子抜けしてしまいます。しかし、どうして生物は死ぬのか、その科学的な理由を説明するのは難しい。人間ははるか昔から、何とか死なない方法はないものかと、不老不死の薬を探し求めてきました。そのような薬はないにしても、現代医学の目覚ましい進歩によって、人間の(平均)寿命は驚くほど伸びました。もしこのまま医学が進歩し続けたら、いつの日か死なない方法が見つかるでしょうか?余興半分にこの問題について考えてみましょう。
人間を含めて生物は皆細胞から出来ています。細胞は誕生直後から老化(劣化)が始まっています。その劣化が限界を超えると細胞は死にます。この劣化とか老化は何を意味しているのでしょうか。すなわち細胞に傷ができることです。機械でも電化製品でも使っているうちに劣化するのは当たり前。傷がつく。傷は自然には治りません。人間の身体は怪我をしても自然に治ることがあります。機械にはその機能はありません。ただ機械も修理に出せば、壊れたところを直してくれる。あるいは部品を交換してくれる。ただし、壊れる前とまったく同じ状態にすることはできません。つまり修理をしたという痕跡は残るのです。それすら消し去ることはできない。それは人間の身体でも同じこと。怪我をしたところを治療しても、治療したという痕跡は残ります。なぜか?それは「量子力学」のところで説明した通り、熱力学の第二法則によって完全に元の状態に戻すこと(ある意味タイムマシン的に時間を前に戻すこと)は原理的に不可能だからです。(図25参照)
ところで老化という言葉は何か悪い意味に捉えられていませんか。逆にいい意味の言葉として進歩とか成長とか。人間でいえば、20歳ぐらいまでは成長して、それ以降は老いる。つまり日一日と悪い方向へ向かって後退しているようなイメージです。でも、歳をとればとるほど悪くなるというのはおかしな考えです。細胞は時間の経過とともに内部に不純物がたまってきたり、修復不可能な傷が少しずつ増えてきたりするものです。これを劣化(老化)と言うなら、細胞は生まれた直後から老化の道をたどっていることになります。つまり赤ん坊は生まれると少しも成長することなく、老化に向かうのです。逆に人間はいくら年をとっても勉強して知識を高めることはできます。そういう意味で人間は死ぬまで成長するのです。
進化論のところで話したように、進化に対立するものとして退化がある。という考え方は意味がない。同様に、成長の反対に老化があるというのも意味がない。そこにあるのは一つの変化です。だから成長とか老化という言葉を使わずに、「変化」という言葉を使えばいいのです。変化にはいい意味も悪い意味もありません。ただ何事でも変化する。という自然の法則があるだけです。この世に変わらないものは何一つない。仏教でいうところの「諸行無常」ですね。
 さて、細胞は時間とともに劣化(死に向かう変化)します。そして最後は死にます。しかし人間のような多細胞生物では、一個くらい細胞が死んでも残りが生きているなら死ぬことはないでしょう。(補足1) だったら劣化した細胞を見つけて、いち早く新しい細胞と交換すればいい。この営みを続けていけば人間は永遠に生きられるのではないか?さて、どうでしょうか。
新しい細胞はどうやって作り出せばいいのか?それはまだ劣化が始まっていない細胞が分裂することによって作り出せばいい。図45「細胞の再生」をご覧ください。ここで劣化が限界に達した一つの細胞が死んだとしましょう。すると隣の健康な細胞が二つに分裂して、死んだ細胞に置き換わった。一つの細胞は死んだけれども、多細胞生物の組織(同じ細胞の集まり)としては修復されて元のままの状態が維持されました。しかしこの分裂を果たした(まだ健康な)細胞も誕生してから時間が経過しているために、死に至らないまでも多少の劣化は起きているのです。もし隣の細胞が死んだとき、自分はまだ死んでいないが、細胞分裂できないほど劣化が進んでいたら、その細胞は死んだ細胞の穴を補うことができません。もし(同じ組織の)その他の細胞も皆この状態(死んではいないが分裂はできない)なら、組織は修復されないまま残るのです。これが組織自体の逆戻りできない劣化です。これがやがて生物個体の死につながるのです。
つまり隣(の細胞)が完全に死ぬのを待っていたら遅いのです。その間に自分も劣化してしまいます。できる限り早く、すなわち隣がまだ死ぬ前に(ただし、いずれ近いうちに死ぬことを見越して)、分裂して新しい細胞を作ったらどうか?すると弱っているけれども生きている細胞と新しい細胞の二つができます。組織内の他の分裂可能な細胞たちも、隣が弱っていることを知り(隣が)死ぬ前に分裂をしたら…結局組織内の細胞がどんどん増えていくことになるでしょう。それによって生物個体の体は山よりも大きくなる。そのためには食べ続けなければならない。食べて無限に大きくなることしか生物が死なない方法はないということです。(補足2)
もう一つ不死を実現する方法があります。遺伝子から作り変えてまったく新しい生物を作るのです。具体的に言えばそれは生殖です。つまり自分の子供を産むこと。子供が次の子供を産み、それが続いていけば、たとえあなたは死んだとしても、いつまでも(遺伝子は)死なない状態が実現される。しかしそれはあくまで自分ではありません。自分の子孫たちです。自分は間違いなく死ぬのです。それでは不死とは言えないですか?いやこれもある意味での永遠の命と言ってもいい?しかし、いくら子供でも、例えそれが自分の遺伝子から作られたものだとしても、他人には違いないのです。それを自分の分身だと思い込んでいませんか。子供はあなたとは独立した一個の生物です。分身ではありえません。だから子供とあなたとは生き方も考え方も異なるのです。当然ですが。それはあなたが花の種を鉢に植え、水をやって芽を出させ、そしてあなたの死後花を咲かせたとしましょう。その花はあなたの子供です。例えあなたの遺伝子から作られたものではないにしても。自分の子供を産むことと、花の種を植えることと一体どこが違うのでしょうか?命の連続とはこういうことです。もしこの意味が分かったら、生命はあなたの言う通り永遠かもしれません。

 もし遠い未来、医学が究極に進歩したとき、この不老不死の夢は実現できるでしょうか?もしこのまま医学が進歩し続けたら、人間は現在よりもはるかに長い寿命を獲得することができるかもしれない。しかし寿命を延ばすことができたとしても、死を克服することはできない。というのが結論です。つまり人間は未来永劫死から逃れることはできないのです。まさに仏教でいうところの「生老病死」ですね。(補足3)
「そんなこと言えるのか。不死が不可能なんてどうして言えるんだ。将来医学がどれだけ進歩するかわからないのに」と反論する人もいるかもしれません。しかし、その人は科学の原理を理解していないと思います。不死は人間にとって永遠の夢かもしれません。しかし青山からいえば、そんなありえない夢を抱くことは愚か。そんな先のこと(また訪れていない死のこと)を考えるよりも今この瞬間何を為すべきかを考えることが、人間として重要な課題ではないでしょうか?

(補足1) よく誤解されるのが「花のいのちは短くて」と言う言葉。花が蕾からそれが開いて萎んでいく様が時間的に短いのを譬えているようですが、あれは個体の死ではありません。言ってみれば女性の生理と同じもの。周期的に起こる現象の一つです。

(補足2) 海綿は、ある決まった大きさや形を持ちません。食物さえあれば細胞が無限に増える可能性があります。しかしそのためには無限に食べ物が供給され続ける必要があります。そんなことは無理ですね。

(補足3) 医学の目的は病気を治療することにある。それは究極的には永遠の命を授けることを目指すことになるのではないだろうか?寿命を多少延ばすことはできるかもしれない。しかしここで示した通り不死は不可能である。いかなる病気も完全に治す(病気が発生する前の状態に戻す)ことは不可能である。患者が医者に腰の痛みを何とかしてほしいと訴えてきたら、医者はそれを少しでも軽減してあげる。それが医術である。万病に効く薬、あるいは永遠に死なない方法を研究すること。果たしてそれが医学といえるだろうか?
人間はみな誰であっても死ぬことはわかっています。わかっていても死にたくはない。それが人間の本音です。しかし死は免れない。人間は誰一人例外なく生まれたときすでに死刑を宣告されたのも同様です。死ぬのが嫌だから(あるいは人に死なれるのが悲しいから)、消滅するのが嫌だから(無になるのが納得できないから)、肉体は死んでも魂は永遠に残る。死後の世界は存在する。なんて言うのはすべて間違い、ただの誤魔化しです。人間はもっと現実を見なければ。

ご意見・ご質問