TSUKUSHI AOYAMAのホームページ

トップへ戻る インデックス
← 前へ 次へ →

命ある限り、希望がある


最後に

 人生は苦しみに満ちています。そしてこの社会は矛盾、理不尽、不条理に満ちています。喜びや楽しみは見せかけのもの。なぜこんな世界に生まれてきたのか?好きで生まれてきたわけじゃない。誰が悪い。神が悪い。神こそ憎め。神こそ呪え。しかし神など初めから存在しません。世界は無意味です。なるようになるしかないのです。

 では、我々に救いはないのか?人は誰でもいつか死にます。もし死が”無”であるなら、救いはあります。存在しないということは、苦しみもないということです。しかし本当に死は無となるのでしょうか?誰にも分かりません。死んだ経験をした人はこの世にいません。だから信じるのです。信じることは自由です。死は完全なる無なのだと。確かめることはできなくても、信じることはできます。

 人は誰でもいつ死ぬのかわかりません。今日かもしれない。100年後かもしれない。しかしいつか必ず死にます。明日死んでもいい。今日死んでもいい。死が無なら、死を恐れる必要はありません。次の瞬間死んでも構わない。そう思いながら生きる。人生の間にやらなければならないことなど、何一つありません。人生は無意味です。

 今もし生きているなら、何のために生きるのか?その答えは万人共通です。即ち幸せになるために生きるのです。幸せは人それぞれ違います。何を幸せとしたとしても、それはあなたの自由です。人間はどう生きようとも完全に自由なのです。

 青山個人としては、今死んでも構わないと思っています。常に覚悟はできています。死をまったく恐れてはいません。もっぱら恐れるのは、死なずに生きていることです。年を取り、病に侵され、生きる糧を失い、孤独に陥る。それでも生きているうちは、まだ生きていかなければならないのです。この不安、この苦しみ、この孤独、そしてこの虚しさ、それに襲われながらも、生きていくことしか許されない。床に伏せ、手足も動かせず、余命わずかと言われてもなお生きることを強いられる。それは辛いことです。いつの日かそんな時が訪れるでしょう。最後の最後に。しかし今生きているなら、例え余命数時間と言われても、命ある限り希望がある。希望とは、老いて病に伏せっていても、いつか立ち上がれるときが来るということです。その可能性はゼロではない。必ず病気は治る。いや、治してみせる。生きている限り、希望はある。無限の未来がある。そしてもし立ち上がることができたなら、出来る限り人のために尽くそうと、愛する隣人のために生きようと、この命を捧げようと思います。生きているからこそそれができるのです。
人生この先、どんな困難が待ち受けていようとも、どんな試練に出くわそうとも、それはそれでいい経験をしたものと思い、あるいは人よりも得をしたなと、そう思いつつ生きる。生きている限りゴールはない。いずれ「死」というゴールに達しますが、その時まで生きる。生き抜く。
希望を持つこと、例え年老いて身体が動かなくなったとしても、希望を捨てず、いつかまた山に登れる。それを励みに生きていく。そして慈悲のために、人々から喜ばれる人生を送れるように、希望を持って生きていきます。それがこの青山の幸せです。

ご意見・ご質問